スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)彼らは携帯電話を武器に戦うようです 毛終割多話「乙彼」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/30(日) 21:25:56.36 ID:LeLgQrex0 [2/26]
とても静かな夜だった。

雲ひとつ無い夜空に浮かぶ満月が、下に広がる町並みを照らしている。

大きな傷跡のあるビル、割られたアスファルトの舗装。
そこに並ぶ車は、まるで地面に落とされた紙粘土工作のように潰され、ひしゃげている。

なにか”怪獣でも暴れまわったかのような”、その町並みのなかに人の姿は無い。

―――いや、無い、はずだった。

( ・∀・)

(,,゚Д゚)

廃墟と化した夜の町並みを、一人の少年が歩いていた。
まだ高校生といった風貌の彼の隣を、
一匹の青い毛並みの猫が、四本の足でとてとてと歩いている。

( ・∀・) キレイな月だね……

ふ、と少年が足を止めた。
彼は親指と人差し指で丸を作ると、それを頭の上まで持ってきて、
その小さな輪の中に夜空の月を収める。

( ・∀・) よくマンガとかで、ものすごく大きな月を見ることがあるけどさ、
       あれってなんなんだろうね?
       実際の夜空の月は、ボクの指で囲めるほどのサイズでしかないってのに

自分の指で作った輪のなかにある月を見ながら、少年は傍らの猫に話しかけた。

続きを読む

プロフィール

中編長編まとめ

Author:中編長編まとめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。