スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)ドクオは勇者になったようです ‐14‐『強』


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:27:14.52 ID:yW3GiEVx0
まとめ は 内藤的生活さん だ!!

ttp://naitoutekiseikatu.blog31.fc2.com/blog-entry-25.html

れいによって みじかい よ!▼





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:28:03.73 ID:yW3GiEVx0



 避けろ

今度こそ、避けろ!!

多分もう一撃喰らったら、終わりだ……!


(;メ'A`)「…………」

『息を殺して、相手を見て』

(;メ'A`)「……」

『殺気を感じ取るのよ。殺気を感じたら、とにかく』

(;メ'A`)「(逃げる!!)」


 目の前から轟、と唸り声を上げて向かってくる攻撃を避けようと、
思い切り地面を蹴る。

も、その努力も虚しく―――



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:29:50.35 ID:yW3GiEVx0


(#);Aメ)「―――痛っってぇ!!」


 楯がわりにしていた机ごと、僕はツンに吹っ飛ばされた。

知ってたか?

本物の鞭って、洒落にならないくらい痛いってこと。




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:30:48.14 ID:yW3GiEVx0


('A`)ドクオは勇者になったようです
‐14‐『強』



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:31:53.07 ID:yW3GiEVx0

ξ ゚⊿゚)ξ「―――まだ遅いわね。まぁ最初よりは反応もよくなったけど」

(#);Aメ)「そりゃ良かったよ」


 廃棄街は杉浦城の片隅。

さっき僕を吹っ飛ばしたツンは、満足そうに頷いた。

その横には、ボロ雑巾のようになったブーンが転がっている。


―――事の発端は、僕の言葉にあった。


('A`)「強くなるには、どうすればいいんだろう」


 VIPから転送されて来た死者たちを、その場にいた勇者たちで弔った後。

僕は、誰も明確な答えを知らないであろう事を呟いた。


川 ゚ -゚)「?」

('A`)「僕はなんにも出来ないんだ。
   銃も上手く撃てないし、剣を振り回す筋力も無い」

('A`)「モララーみたいに素早く動ける訳でもないし、
   クーみたいに冷静でいられる訳でもない」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:32:58.94 ID:yW3GiEVx0


('A`)「思い切り殴られただけで動けなくなる、ただの人間だ。
   でも、絶対に勝たなきゃならない理由がある」

('A`)「だから、強くなりたいよ」


 魔王どころか、その手下にすら何も太刀打ち出来なかった……

そんなのが『勇者』なんて呼ばれるようになるんだから、
何が起きるか分からない世の中になったもんだ


( ・∀・)「……なんか……こう……タイヤを身体に括りつけて、走り回れば?」

ξ ゚⊿゚)ξ「強制ギプス付けるとか」

川 ゚ -゚)「山に篭って滝に打たれるとか」

('A`)「真面目に」

ξ ゚⊿゚)ξ「一朝一夕に強くなるったって、限度があるでしょ……」

ξ ゚⊿゚)ξ「……そうね、体力が無いなら今は『強さ』を求めるよりも、
      敵の攻撃を受けない事に徹した方がいいわよ。
      特にアンタみたいな、貧弱な奴はね」

('A`)「攻撃を受けない?」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:34:16.15 ID:yW3GiEVx0

ξ ゚⊿゚)ξ「そう。回避よ。常に狙われてるって緊張感持ってれば、
      出来ないことは無いわ」


 ……簡単に言ってくれるけど、
そうそうたやすく緊張感持ち続けられたら、またんきの攻撃だって避けられたはずだ

簡単なようで、かなり難しいぞ、それ。


ξ ゚⊿゚)ξ「……回避なら協力してあげるわよ。
      今から私がアンタを攻撃するから、とりあえず避けてみなさい」

('A`)「え」

ξ ゚⊿゚)ξ「言っておくけど、手加減は一切しないわよ」

ξ ゚⊿゚)ξ「本気出しちゃうから―――ね!!」


 次の瞬間、目にも留まらぬ速さで僕のすぐ脇を鞭が掠めていった。

……あ……あれ、直撃したら死ぬんじゃ……

大丈夫なのかこれ?!


(;゚A゚)「」

ξ ゚⊿゚)ξ「今みたいな感じでやるわよ。避けなきゃ、かなり痛いと思う」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:35:27.11 ID:OvpouDTo0

きてるううううううううううう
随分長い推敲だったじゃないかww


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:35:48.27 ID:yW3GiEVx0


(;゚A`)「は、はぁ……」

( ^ω^)「ツン、ドクオのついでに僕も狙ってほしいお」

( ^ω^)「あ、勘違いすんなお? 僕もドクオと一緒だお。
      魔王倒すために強くなりたいんだお」

ξ;゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「いや、本当に」

( ^ω^)「……本当だってば」


 魔王を倒すため。

復讐するため。

VIPに戻るため。

勇者をひとりでも多く返すため。

みんなそれぞれに、戦う理由がある。

いろんな理由はあれど、『魔王を倒す』という目的は一緒だ。

だから、「強くなりたい」と思うのも当たり前。

強くなきゃ、戦えないんだから。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:37:08.14 ID:yW3GiEVx0

ξ ゚⊿゚)ξ「ほら、まだまだやるわよ。立ちなさい」

(;'A`)「は、はい」

(;^ω^)「ちょっと休憩……」

ξ ゚⊿゚)ξ

(;^ω^)「……は、ダメですおね! すいませんでしたお!」


 **********
 **********


(#)A`)「全ッ然鞭が見えないよな。
    攻撃してくるっていうのは、なんとなく分かるようにはなってきたけどさ……」

(#)ω^)「反射神経がどうにもならなきゃ、ずっとこのままだお……」


 修行と呼べるかすら怪しい『修行』に数日費やしても、
僕とブーンはツンの鞭に苦戦していた。

あれ、ニートに避けろと言うには難易度高すぎだろ……
常識的に考えて……


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:38:09.23 ID:yW3GiEVx0

ξ ゚⊿゚)ξ「だっらしないわね。強くなりたいって言ってたのは、どこの誰?」

(#)A`)「鞭があまりにも速すぎて見えないです。避けれません」

ξ ゚⊿゚)ξ「そりゃあそうでしょ。
      遅かったら簡単に避けられちゃうじゃない」

(#)ω^)「すげぇ痛いんだけど」

ξ ゚⊿゚)ξ「そりゃあそうでしょ。痛くなければ覚えないじゃない。
      ほら、あんたらの武器は飾りなの?
      避けることは出来なくても、防ぐことは出来るでしょ」


 ツンの鞭がまた一回、すっかり油断していたブーンの頬を捉えた。

ものの見事に吹っ飛ばされ、杉浦城の床に叩きつけられるブーン。

ああ、痛い……痛いぞあれ……


ξ ゚ー゚)ξ「まぁ、そんなすぐに避けられるようになるなら誰も苦労しないわよ。
      魔王の城まで続けていけば、きっと回避だけは鍛えられてるでしょ」

(#)A`)「そうかもしれないけどさ……。僕らは強くなりたいんだよ?
    吹っ飛ばされてばかりじゃ……」

ξ ゚⊿゚)ξ「強くなるって言うけど、具体的にどう強くなりたいの?
     『強さ』にも種類があるわ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:39:20.14 ID:yW3GiEVx0

ξ ゚⊿゚)ξ「攻撃が強いとか、耐久が強いとか。
      どれも、体力がないと伸ばせないわ。
      だけど今のアンタ達は、基本的に体力がない」

ξ ゚⊿゚)ξ「鞭で打たれるのが嫌だから、逃げるでしょ?」


ξ ゚⊿゚)ξ「知らず知らずのうちに走り回るはめになるから、
      体力も筋肉もそこそこ付くはずなのよ。……多分」

ξ ゚⊿゚)ξ「他の強さを伸ばすのは、それからね」

(;'A`)「……まぁ、すぐに強くなれるとは思ってないから、
    それは別にいいけどさ……」

(;'A`)「……もしかして、僕らを追いかけ回すの、楽しんでる?」

ξ ゚∀゚)ξ「まっさかぁー。あんたらを容赦なく打ちのめさなきゃならないから、
      私はとっても心が痛いわ」

(;'A`)「(めちゃくちゃ楽しんでるじゃねぇか……)」

(;^ω^)「(すっごい楽しんでるお……)」


 本当は、修業なんてしてないで一刻も早く魔王の元に行きたい。

でも、今のままじゃ返り討ちどころか、魔王に会う事すらできないだろう。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:39:32.78 ID:OvpouDTo0

なんというスパルタww


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:40:35.71 ID:yW3GiEVx0

だから、少しでも体力を付けようと、
毎日まいにち身体中に傷を作ってツンの鞭から逃げる。

それが『強さ』に結び付いてくれるかどうかは、分からないけど

……思えば、身近にこんなにも強い奴らがいたんだから、
最初から色々教えて貰えば良かったんだよな


( ^ω^)「そういえば、シュー達は?」

ξ ゚⊿゚)ξ「違う部屋で別メニュー。
      強くなりたいのは、みんな一緒だもんね」

(;'A`)「別メニュー……?」

ξ ゚⊿゚)ξ「シューは飛び道具持ってるから、アンタらとは違う修業してるの。
      クーとモララーが付きっきりで指導してるみたいよ」


 そういえば最近、クーとモララーとシューさんの姿がないとは思ってた。

飛び道具……銃か。

……そういえば、僕も弟者にもらった銃があったな


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:41:47.30 ID:yW3GiEVx0

川 ゚ -゚)「あれ……お前、銃なんて持ってたのか?」

('A`)「うん。廃棄街に来る前に貰ったんだ。
   良かったら、撃ち方とか狙いの付け方とか教えて欲しいんだけど」

 銃の撃ち方はクー。

( ・∀・)「……またんきの攻撃すら避けられなかった俺が言うのもなんだけど、
     相手の動きとかはよく見てた方がいいと思うよ」

('A`)「?」

( ・∀・)「例えば―――接近しなきゃ攻撃出来ないような敵とかは、
     こっちから攻撃しなくてもたいていは近付いて来るだろ?」

( ・∀・)「カウンターって訳じゃないけど、
     その瞬間って恰好のチャンスだと思うんだよね」

 攻撃の基本はモララー。

ξ ゚⊿゚)ξ「ほら、油断しない!!」

 回避はツンが、教えてくれる。

こんなに色々教えてくれる仲間がいるんだ。
少しずつでも、強くならなきゃ申し訳が立たない。

それもこれも全て、魔王を倒すため。
いくら鞭でぶっ叩かれても、苦じゃない。
いや、それでも痛いものは痛いけど。


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:41:59.69 ID:zvh1eRWUO

マジかよ!支援!


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:42:20.74 ID:OvpouDTo0

見えるぞ……銃を使おうにも全然上手くいかないドクオが……


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:42:55.75 ID:yW3GiEVx0

 **********
 **********


(メメ)ω(#)「ツンに引っ叩かれすぎて前が見えねぇ」

(#)A`)「同じく」


 ―――『修行』は、廃棄街を離れた後も続いていた。


ξ ゚⊿゚)ξ「大袈裟ねぇ」

(メメ)ω(#)「全然大袈裟じゃないお……」

ξ ゚⊿゚)ξ「ほら、まだまだやるわよ」

(#)A`)「はい……」

( ・∀・)「大変そうだなぁ。ツンもドクオもブーンも、頑張れ」

ξ ゚⊿゚)ξ「アンタもやってみる? 回避」

(;・∀・)「そんな趣味はないから、遠慮しとくよ」

ξ ゚⊿゚)ξ「あら残n……遠慮なんてしなくていいのに」

(;'A`)(残念って言いかけたぞ今……)


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:44:01.67 ID:OvpouDTo0

前が見えねえってしんちゃんかよww


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:44:48.99 ID:yW3GiEVx0

(;・∀・)「か、回避はまぁツンに任せとけば大丈夫だよな?
     じゃあ、そろそろ『攻撃』の練習、してみるか?」

( ^ω^)「してみるお!」

('A`)「モララーが教えてくれるのか?」

( ・∀・)「俺で良ければね」

( ^ω^)「お! お願いするお!!」

( ・∀・)「魔王の城まではまだ遠いし、焦らずにやっていこう」

('A`)「分かった。……で、まず何をすればいい?」

( ・∀・)「ドクオ、これ」

 モララーが、地面から何かを拾い上げた。
……何だこれ。木の棒?

こんなもので何しろっていうんだ?

( ・∀・)「それ、君の武器ね」

(;'A`)「へ?」

( ・∀・)「ブーンは剣とか銃じゃないのか。なら、そのままでいいや」

( ^ω^)「お?」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:45:34.57 ID:yW3GiEVx0

( ・∀・)「今から、お互いに戦ってもらうよ」


 は?


(;^ω^)「……え? 今から? ドクオと?」

( ・∀・)「そうそう」

(;'A`)「何で?」

( ・∀・)「『人』と戦うことに対して、慣れる為だよ。
     人の形してるものに対しては、本人も気づかないうちに手加減してしまうらしい」

( ・∀・)「敵や魔王に手加減したら、こっちが殺られるからね」

( ・∀・)「ま、大丈夫だとは思うけど、万が一危なそうになったら、
     全員で止めるから大丈夫。全力でやっちゃって」


 ……いきなりそんな事言われても……
そうそう簡単に仲間に攻撃なんか出来ないって……

ほら、ブーンだって戸惑ってるみた―――


(;^ω^)「ごめんお、ドクオ!!」

(;'A`)「ッ?!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:46:16.30 ID:yW3GiEVx0

 謝罪の言葉を叫ぶブーンの右手には、
僕の身長程もある長い鉄棒が握られていた。


ぶぅん


鈍い音と共に、鉄棒は僕の目と鼻の先を掠める。


(;'A`)「ちょ……いきなり本気かよ!」

(;^ω^)「きっと、本気じゃないと、この修業の意味はないんだと思うんだお!」

(;'A`)「そんなの分かってるけど……!」


 長い鉄棒と、剣くらいの長さの木の棒。

武器からしても、体格からしても、こっちが不利すぎる……!


(;'A`)「っくそ!」


 絶え間なく降り注ぐ、ブーンの鉄棒。

ツンのスパルタ訓練のお陰か、幸いまだ攻撃は浴びてない。

でも、多分逃げてるだけじゃダメなんだろうな!


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:46:27.58 ID:OvpouDTo0

ブーンの武器ってなんだ


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:47:15.51 ID:yW3GiEVx0

(;^ω^)「おっと!」

 やっとの思いで振った棒は、鉄棒に難無く防がれた。

身体中に冷や汗が流れる。

(;'A`)「っ」

 ……思えば、ブーンも僕と一緒にツンの回避訓練を受けてたんだ

攻撃がお互いに当たらないのも、無理はない

(;^ω^)「うぉおぉおおー!!」

(;'A`)「わああああああ!!」

 鉄棒と木の棒による、鍔ぜり合い状態。
武器の耐久性を考えたら、絶対にこっちの方が脆いはず……

(;^ω^)「っ」

(;'A`)「く……」

 ミシミシと音を立てる、木の棒。

……これヤバいんじゃないの、折れるんじゃ?!


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:48:21.82 ID:OvpouDTo0

やばいってww


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:48:41.30 ID:yW3GiEVx0

( ゚ω゚)「おおおぉぉ!!」

 咆哮を上げて武器に渾身の力を込めたブーンが、
こっちの木の棒をへし折った。

あ、ダメだこれは負けた―――

(;^ω^)「あ、ごめn (;#)A`)「ぁぐっっ!!」

 ―――顔面に、鉄棒をフルスイングされた事はあるだろうか。

痛いを通り越した領域が、そこにはある。

恨むよ、モララー。

 **********
 **********

(□'A`)「……」

 ―――目が覚めたのは、ヒロユキ街の宿だった。

……誰かが運んでくれたのか。

とりあえず、ブーンにフルスイングされた頬が痛い。

骨折とかしてたらどうするんだ。
ただでさえ整った顔じゃないと言われてきたのに……


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:49:31.34 ID:yW3GiEVx0

(□'A`;)「痛って……」

( -∀-)ZzzZz

( ‐ω‐)ZzzZz


 隣には、物凄い体勢で寝てるモララーとブーンがいる。

あぁもう何なんだよこいつら

何でもっと静かにおとなしく寝れないの?

相変わらずモララーは寝相が最悪だし、ブーンはなんかもう……。


(□'A`;)「……」


 あぁ、今何時だろう

外は暗いし、通りは静かだから、夜中かな。

何時間気絶してたんだ?

昼過ぎくらいにフルスイングされたんだから……大体10時間くらいか。
ありえねぇ。


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:50:21.37 ID:yW3GiEVx0

(□'A`)

 ……とにかく、完璧に目が覚めてしまった

気分転換に、また兄者にでも電話しようか
それとも、街をふらりと歩いて来ようか

(□'A`)「……」

 ……よし。

少しヒロユキ街を歩いて来よう。

(□'A`)

 いつの間にか貼られていたガーゼを外して、そっと宿を出る。

街中には静かな音量で、緩やかなピアノの曲が流れていた。
石畳を適当に歩いていくと、やがて、噴水のある広場に出る。

あぁ、ここは見覚えがあるな。

シューさんから、勇者法案についての話を聞かされた場所だ。
最近の話なのに、なんだかもう懐かしい。


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:50:22.71 ID:OvpouDTo0

普通骨折するってww


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:51:45.98 ID:yW3GiEVx0

そのあと、メイドロボットの死を目の当たりにしたり……
モララーが本当はVIPの人間だと知ったり……短期間で、……いろいろあった。

('A`)「なんか、重大な話ばかり聞かされてきたからな……。
   ちっとやそっとじゃ、驚かなくなってきた」

('A`)「……ん?」

 ―――噴水の縁に、誰かいる。

街灯でぼんやり浮かぶ後ろ姿、なんか見覚えが……

あれは……

('A`)「シューさん?」

 ……何してるんだ、あの人。

まだ見知らぬ勇者を待ってるのか?
何にしても、このまま放っといて宿に戻るのも気が引ける。

……話し掛けてみるか


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:52:42.17 ID:yW3GiEVx0

('A`)「―――シューさん」

lw;´‐ _‐ノv「え? あれ? ドクオじゃないか。
       ……何でこんな所にいるんだ?」

(;'A`)「それはこっちのセリフだろ……。
    シューさん、こんな時間に何してたの?」

lw´‐ _‐ノv「…………」

lw´‐ _‐ノv「……祈ってた」


 ぼそりと返ってきた答えは、……なんというか……
シューさんらしくない、答えだった。


('A`)「祈……?」

lw´‐ _‐ノv「今、この瞬間にも、傷付いて苦しんでる勇者がいると思うんだよ。
       それなのに……私は安全な場所で、こうして生きてる」

lw´‐ _‐ノv「祈りなんてただの気休めなのは分かってるよ。
       何でも願いを叶えてくれる神なんてものはいないし、
       いくら念じても、思いが届かない事だって沢山ある」

lw´  _ ノv「……でも、何かしてないと、罪悪感で潰れそうになる。
       今潰れてしまったら、多分もう二度と立ち上がれない」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:53:17.99 ID:yW3GiEVx0

(;'A`)「……そんなに気にしない方がいい。
    勇者をひとりでも多く助けたいから、魔王と戦うって決めたんだろ?
    あまり気に病むと、それこそ本当に潰れるよ」

lw´  _ ノv「…………分かってる……」

(;'A`)「もう夜も遅いみたいだし、
    そろそろ休まないと体力も回復しないから、宿場に戻ろう」

lw´  _ ノv「……」

lw´  _ ノv「……あの、」

('A`)「ん?」

lw;´  _ ノv「勇者法案を考えたのは、私だ」

('A`)「ああ、うん。……この前聞いたよ」

lw;´  _ ノv「ずっと気になってた……。
       どうして……君は何も言わないんだ?」

(;'A`)「へ?」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:53:47.05 ID:OvpouDTo0

シュー……


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:54:13.69 ID:yW3GiEVx0

lw;´  _ ノv「私のせいで君はここに来た。
       それなのに、君は私に文句のひとつも言ってないだろう」

lw;´  _ ノv「それどころか、一緒に魔王を倒しに行こうとさえ言ってくれた」

(;'A`)「あぁ、うん、まぁ……」

lw;´  _ ノv「何も言ってくれないのが……怖くて仕方ないんだ。
       どんな形でも、口に出して言ってくれた方が、楽で……」

lw;´  _ ノv「そんな訳はないんだけど、罵倒される度に、
       なんか許された気がしてたから……」

lw;´  _ ノv「もちろん、そんな錯覚はしちゃいけないのは分かってる。
       ……けど……」

(;'A`)「……」


 この追い詰められ様からして、

あの時、シューさんに何も言わなかったのは、どうやら間違いだったみたいだ。

『他の人に酷いことを言われただろうから、僕は何も言わない』
なんて、本当にただの同情だった。


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:55:22.38 ID:yW3GiEVx0

シューさんを苦しめているなんて考えもしなかった。
人の気持ちは難しいな……

僕は、本当に、ダメなままだ。

('A`)「ごめん」

lw´‐ _‐ノv「……いや、私こそご ('A`)「僕も最初は、勇者法案なんてものを考えた人に会ったら……」

('A`)「文句言ってやろうと思ってた。
   たかがニートの為なんかにここまでする必要なんて無いだろうと思ったしさ」

('A`)「でも、シューさん言ってたろ? 『VIPの為』って。
   人のことを考えて、それで決めた話なら、やっぱり僕なんかは何も言えないよ」

('A`)「それに、服屋で会った時シューさん、警告してくれてたじゃないか。
   『働け』って」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「モララーとクーが代わりに色々言ってくれたし、
   もう気にしてないよ。それに、」

('A`)「……ラウンジは地獄なんかじゃなかったって知れた。
   脅威でしか無かった亜人の中にも、ツンみたいな奴がいると知れた」

('A`)「ここに来てから、辛いことばかり起きてると思ってたけど、
    案外そんなことは無かったよ」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:56:09.82 ID:yW3GiEVx0


('A`)「VIPでは殆ど人と関わらない生活を送ってたけど、
    ここに来てからは色んな人と話したりするようになった。
    そうしなきゃ、生きられないしさ」

('A`)「うん。だから、悪いことばかりじゃない」


 悪い事といえば、……メイドロボットが壊れたこと。

そればかりはきっと、納得しきるには、かなりの時間がかかりそうだ。

勇者法案が存在しなかったとしたら、もしかしたらVIPの街も人もメイドロボットも、
壊れなくて済んだかもしれない。

過ぎたことは仕方ないと言えるほど、僕は出来た人間じゃないけど、
あまりその事に関して落ち込んでほしくはないんだ

落ち込まれる度に、あの恭順だった彼女を思い出すから。

悲しくて、いても立ってもいられなくなるから。


lw´  _ ノv「…………ごめん……ありがとう」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:56:54.81 ID:yW3GiEVx0

lw´  _ ノv「……君は、少し変わったよな」

(;'A`)「……変わった? どこが?」

lw´‐ _‐ノv「初めて会った時、君は、……こう言うのもなんだけど、酷かったよ。
       ちょっと脅かしただけなのに、震えてしゃがみ込んで」

(;'A`)「あー……。うん、確かにまぁ……酷かった……」

lw´‐ _‐ノv「でも今は、違う。変わったよ。
       そりゃあ今も頼りないけど、確かに変わった」

('A`)「……」

('A`)「そうかな」

lw´‐ _‐ノv「あぁ。前の君は、魔王に立ち向かえる可能性なんか万に一つもなかったけど……」

(;'A`)「(断言するのか)」

lw´‐ _‐ノv「……なんて言うんだろう。
       顔はひっどいけど、姿勢的な意味で堂々としてきたというかな」

( 'A`)

(;'A`)「はぁ……」

lw´‐ _‐ノv「まぁ、いい方角に変わったとは思うよ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:57:36.06 ID:OvpouDTo0

メイドはロボ以上の存在だったんだな……


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:57:58.50 ID:yW3GiEVx0

 ようやく顔を上げたシューさんは、ぎこちなく笑っていた。

……うん、なんか……関係ない所でけなされた気もするけど……

まぁ……笑ってくれるならそれでいいか……

それに、自覚はないけど良い方に変われてるなら、
それに越したことはないんだし


('A`)「―――そういえば、シューさんの知り合いは廃棄街にいた?」

lw´‐ _‐ノv「いや、知ってる人はモナーくらいだった。
       妹の遺体がないのだけが、救いだったな」

('A`)「妹さんがいるのか。なんか意外だな」

lw´‐ _‐ノv「あぁ。兵器開発の研究者だよ。素直な、自慢の妹だ」


 安心したような表情で、シューさんは色々な話をしていく。

楽しそうだ。
こっちも安心した。


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:58:57.08 ID:yW3GiEVx0


「宿に戻ろう」というタイミングを逃したけど、

もう少しこのままでもいいか、なんて、ぼんやりと思った。


―――その選択は、決して間違ってなかったはず。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:59:09.76 ID:OvpouDTo0

妹は誰だろう


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 15:59:30.50 ID:yW3GiEVx0


('A`)ドクオは勇者になったようです
‐14‐『強』
終了



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:00:55.75 ID:yW3GiEVx0

これ以上推敲しても無駄だと諦めたwwwwwwwww

こんな訳わかんねぇ時間に支援とかありがとうございました!!

また多分夜来ますwwwww
何かあったらどうぞwww


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:01:01.87 ID:OvpouDTo0

乙であった
短いと言いながらもそれなりにあるじゃないかww


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:01:18.62 ID:cTrIF82sO

支援が間に合わなかったあああ
乙!


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:02:12.04 ID:OvpouDTo0

夜も来る……だと……?
試験勉強してる場合じゃないな


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:03:41.75 ID:zvh1eRWUO

また投下するだと…?乙


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:03:51.13 ID:yW3GiEVx0

>>44
31レスしかないから…

>>45
ありがとうありがとう

>>46
試験勉強優先しろwwwwww


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:28:08.91 ID:cfpQFkQwO




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 16:43:22.51 ID:c+TtmlGp0

おつ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中編長編まとめ

Author:中編長編まとめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。