スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(-_-)と天使のようです/三話目



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:15:28.72 ID:GeYM6mu70





[(-_-)と天使のようです/三話目]





(-_-)「んー……」


目の前に出されたトランプの手札を、じっくりと眺めてから一枚取る。


太陽が沈み、辺りが暗くなった頃。
ヒッキーは自分の部屋で、ドクオと向かい合い、ジジ抜きをしていた。

二人とも巧妙にトランプを隠していく。そのため、なかなか一組が揃わない。
眉間にしわを寄せて何分も悩む様子は、真剣勝負そのもの。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:18:19.18 ID:GeYM6mu70


(-_-)「揃った」

(;'A`)「何!?」


揃った手札を、中心に作られた札置き場へと捨てる。
それを見たドクオは、悔しそうにヒッキーの札を睨む。


('A`)「当たれッ…当たれッ…!」


意味も無く念じてみる。

が、


('A`)「……あれ?」


外れた。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:19:07.59 ID:FKfQzGFB0
まってたYO

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:20:59.94 ID:GeYM6mu70


(-_-)「ふふふ……僕はこういうゲーム類は得意だからね。手加減しないよ」

('A`)「お…俺は手加減してやってるんだ!だからヒッキーも手加減しろって」

(;-_-)「分かりやすい…」


その後もヒッキーの調子は上がっていき、その分ドクオを動揺させることが出来た。

ドクオが動揺していくと同時に、ヒッキーは次々と二枚一組のペアを作り、
札置き場へとトランプを投げていく。

あれよあれよの間に、ヒッキーの手札最後の一枚になり、
ドクオは、ヒッキーの手札がペアにならないよう、しっかりとシャッフルした。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:22:44.45 ID:FKfQzGFB0
2人ババ抜きだとすると、ババ以外だと絶対揃っちゃうが
一体何のゲームだ……

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:23:14.24 ID:GeYM6mu70


つもりだった。


(*-_-)「あーがり」

(;'A`)「ぐぬおおおおおッ!!」


ヒッキーは、止まらぬ勢いで上がった。
ドクオは勝負に負けてしまった。


('A`)「ハァー…負けちまった…」


ドクオの手札に残ったカードは、ピエロの絵の描かれたジョーカー。


('A`)「ジョーカーがジジだったんだな」

(-_-)「そうみたいだね」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:25:19.02 ID:GeYM6mu70


一枚、裏のままで置かれたカードを表に返し、それが本当にジョーカーか確認する。
ドクオの手札とは違うピエロの絵だが、はっきりとジョーカーと描かれていた。


('A`)「ジョーカーは使い方次第で、切り札にも、邪魔者にもなる…か」

(-_-)「?」

('A`)「いや、何でもない」


二人とも長い間トランプと睨み合ったため、相当疲れていた。
ヒッキーの方は、眠気が襲ってきたようで、重たい目を擦りながらベッドに潜る。


(-_-)「じゃあ僕は寝るね。おやすみー」

('A`)「ああ、おやすみ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:27:27.00 ID:GeYM6mu70


ヒッキーはすぐに眠りについた様子だったので、また暇になるぞと、
ドクオは一人寂しくトランプタワーを作り始めた。


('A`)「ジョーカーなんて、誰が作ったんだよ…」


沢山のトランプを掻き集め、慎重にトランプを積み上げていく。
けれど、その集中力もいつかは途切れ、


('A`)「あ」


トランプタワーはぐしゃりと崩れていった。






10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:29:27.63 ID:GeYM6mu70


――





僕は、小さい頃から何度も間近で死を見てきた。
自分に近い人たちが、次々と僕の周りで死んでいくんだ。


(-_-)「初めは、小学生のときだったかなあ」


小学生の頃、僕をいじめていた六人が突然死んだ。
そのいじめはかなり過激だったから、喜ぶ反面、複雑な気持ちがあった。


('A`)「その魂、きっと天使が運んだんだろうな」

(-_-)「…そうだね…」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:31:30.91 ID:GeYM6mu70


その頃から僕は人と触れ合うのが苦手になり、
中学、高校、大学と、何とか進学していったものの、
僕はかなり内気な奴だったから、進学するごとに必ずいじめられた。


(-_-)「どんないじめだったかは覚えてないんだ」


そして、そのいじめる奴らの大半が、何らかの原因で死んでいった。
いじめられていた僕は、当然のように殺人者扱いされ、また必ずいじめる奴らが出てくる。


(-_-)「近い人たちがどんどん遠くなっていくのが、怖くて怖くて仕方なかったよ」




そんな生活が嫌になってきて、自殺を考え始めてきてしまった頃、

僕の両親が死んだ。





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:33:24.92 ID:GeYM6mu70


(-_-)「そして、一番身近な人が死んでった」


そして、今まで溜まりに溜まったものが溢れ出てしまって、
僕は家の外へ出なくなってしまった。


(-_-)「……僕は、自分が死んでもいいと思ったんだ…」

('A`)「…だから自殺を?」

(-_-)「そう。もうどうでも良くなってたから」

('A`)「そこに天使が現れちゃって、死ぬに死ねなくなったと。
   で、今は死にたいのか?死にたくないのか?」

(-_-)「分からない」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:35:07.24 ID:GeYM6mu70




(-_-)「僕は、生きていいのかな…」






「残念。お前は死ぬ」


「この、」


「殺人者め」





――



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:37:34.51 ID:GeYM6mu70



(;-_-)「!!」


少し白いモヤが漂う、薄暗い早朝。どうやら夢を見ていたらしい。
ヒッキーは叩き起こされたように目覚め、布団を捲り上げた。

嫌な夢だ。昔のことを沢山思い出してしまう、悪夢。


('A`)「おお、ヒッキー。起きたのか」


ヒッキーが目覚めると、暇そうにしていたドクオは顔を明るくした。
けれどヒッキーは、まず窓の方へと近寄って、外を確認した。

霧ではない何か不気味な白いモヤが、そこら中に漂っている。


(-_-)「何だろう…」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:39:32.28 ID:GeYM6mu70


私服に着替えてから、ヒッキーは何かに吸い込まれるように外に出た。
その後を急いで追うドクオ。確かに、このモヤは少し変だ。


('A`)「……変だな。こんなモヤ、初めて見るぞ」


風は吹かず空気は澱んでいて、涼しいと言うより、少し寒い。


(-_-)「夏なのにこんなに冷えるなんて、珍しいなあ」


歩いているのは二人だけ。地面に足を置く音が、寂しく響く。
奥に歩いてくにつれて、白いモヤが濃くなって来ている気がする。

霧とはまた違って、煙のような、滑らかなものが視界を覆う。
何か胸騒ぎがした。最近の出来事からして、この胸騒ぎは気のせいだとは思えない。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:41:31.90 ID:GeYM6mu70


(-_-)「ドクオ、この白いモヤに心当たりはない?」

('A`)「俺にもさっぱりだ」


この地域一帯には誰も住んでいないかのように、辺りは静まり返っている。

更に歩いて行くと、前が見えないくらいに白いモヤは濃くなって、
ヒッキーもドクオも足を進められない状態になっていた。

足を止めた二人は、とりあえず辺りを見回してみたが、
白いものが視界を遮って何も見えない。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:43:40.42 ID:GeYM6mu70


(-_-)「……さむ」


段々と寒さも増し、身震いをしてしまう。


('A`)「大丈夫か?顔色悪いぞ」


進めど進めど何も無いので、もうそろそろ帰ろうかと思い始めた頃。

白いモヤの中に、黒い人影が見えた。

白いモヤが視界を遮って、誰なのかは全く分からない。


(-_-)「…誰?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:45:55.88 ID:GeYM6mu70


恐る恐る声を掛けてみたが、反応は無い。
白いモヤの中で、ゆらゆらと揺らめいているだけ。



と、突然その黒い人影が襲い掛かってきた。


その黒い人影の動きは素早くて、凶悪な武器を持っていた。
両手で支え持つほどの大鎌を、見せ付けんばかりにギラリと構える。


(;-_-)「なっ…!?」


標的はヒッキーのようで、隣にいるドクオには見向きもしなかった。
大鎌を巧みに振り回し、この白いモヤの中だというのに、的確に狙ってくる。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:47:36.09 ID:GeYM6mu70


(;'A`)「な、な、な、なんだぁ!?」


体勢を崩しながらも、鎌を必死に避ける。
そんなヒッキーの様子を、ドクオは見守ることしか出来なかった。


(;'A`)「ヒッキー、逃げろ、とにかく逃げろ!!」


このままではまずいと、ドクオはヒッキーの腕を引っ張り、元来た道を引き返していく。
それでも黒い人影は大きな鎌を振り上げて、二人を追ってくる。


(;-_-)「うわ、追って来る!」

(;'A`)「何で鎌なんて物騒なもの持ってんだよ!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:49:51.48 ID:GeYM6mu70


足を休めることなく走って行く。追ってくるものから必死に逃げる。
捕まったら、殺されるような気がしてならなかった。

元来た道を戻るに連れて、白いモヤは薄くなっていく。
今の状態なら、黒い人影の元の姿が見えるかもしれない。


と、ドクオはちらりと後ろを振り向いた。




( ^ω^)




('A`)「……え」



見えた顔は、天界でよく働いていると評判の高い、あの天使の顔だった。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:52:08.04 ID:GeYM6mu70


('A`)「ブー、ン……」

(;-_-)「知り合い?」

('A`)「今俺たちを追ってる奴、俺と同じ天使だぞあいつ」

(;-_-)「え」


隙を衝かれ、鎌に当たりそうになってしまうが、必死に避けきる。


(;-_-)「というか何で僕が狙われてるの…」

(;'A`)「分からないから、とにかく逃げるしかないだろ!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:54:39.61 ID:GeYM6mu70


訳も分からず逃げていると、突然ブーンの動きが止まった。
鎌を振ってくる様子も無く、追って来る様子もない。

二人は疑問に思い、思わずその場に足を止めてしまった。
それでも追いかける様子も無く、一定の距離を保ったまま、止まっている。

はてどうしたものかと、ヒッキーは恐る恐るブーンの方へと近づこうとすると、
徐に大きな鎌を地面に立てて、大きな音を鳴らす。思わず体が跳ねた。


( ^ω^)「ドクオもいたのかお。久しぶりだお。
      天界の仕事途中だから手っ取り早く済ませるお」


いつもと違って、少し甲高い声。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:56:23.42 ID:GeYM6mu70


('A`)「………ああ」


その声からは、ブーンが今何を思っているのかは察せなかった。
だからこそドクオは、さっきのブーンの行動も考え、警戒心を高める。


( ^ω^)「突然だけど、グリムリーパーの伝説を知っているかお」

('A`)「は?」


突然ブーンがそんなことを言い出すものだから、警戒心が一気に緩んでしまった。
拍子抜けしたその言葉に、ヒッキーも気を緩めてしまう。


(-_-)「グリムリーパーって…死神のこと?」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/27(金) 23:58:13.75 ID:GeYM6mu70


( ^ω^)「だお」

('A`)「そんなの伝説だろ」

(;-_-)「人間にとっては、天使も伝説なんだけどなあ…」


人間からすれば、天使もかなり常人離れしている。
こうして姿を現すまでは、ずっと天使なんていないと思っていただろう。


(-_-)「そう言えば、ドクオはこの前〝死神なんて神様はいない〟って言ってたけど、
    もしかして死神って、天使にとっても伝説なの?」

('A`)「ああ。かなり物珍しい」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:00:26.17 ID:zVs9aL7Y0


(-_-)「それにしても、イマイチ天界とかの状況がよく掴めないんだけど」

('A`)「アレだ、簡単に言うと、神様の下に大天使とかがいて、大天使の下に天使、
   そして天界以外に悪魔とかの部類がいるんだよ」

( ^ω^)「なにゴチャゴチャ言ってんだお」


ドクオが説明をしていると、ブーンは気を悪くした様子で、会話に割って入った。


( ^ω^)「めんどいからグリムって略すお。グリム童話じゃねえお。
      で、天使にすら伝説だと言われているグリムが、本当に存在したらどうするお?」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:02:39.96 ID:zVs9aL7Y0


('A`)「……どうするよ」

(-_-)「どうするって……ねえ」

('A`)「驚くっつっても、死神が基本的にどんなことをするのか分からないし、
   悪魔みたいに仕事内容も分かってたら、そりゃ驚くだろうけどさ」

(-_-)「僕は天使が日常的にいるから慣れちゃったし」

('A`)「どうしようもないね」

(-_-)「ね」

( ^ω^)「どうしようもねぇのはお前らだろ」


ブーンは大鎌を一振りしてから、風を切りヒッキーの方へと進み、目の前で止まる。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:04:28.13 ID:zVs9aL7Y0


( ^ω^)「ブーンはそのグリムだお。天使の中のグリムだお。
      だけどヒッキー、お前はこっちの事情で殺させてもらうお」

(-_-)「意味が分からない」

('A`)「ちょっと理解しがたい」

(#^ω^)「……」


いきなり鎌を振り攻撃してきたかと思えば、何を言い出すのやら。

けれど、混乱していたのはヒッキーではなく、ドクオの方だった。
天使で、しかも真面目な善人だと思っていた奴が、まさかヒッキーを殺そうとするなんて。

いつものブーンが頭から離れず、今のブーンと重ね合わせることができない。
それに、グリムとは、死神とは。自分で伝説だと言っていたのに、自分で正体を明かすなんて。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:07:02.10 ID:zVs9aL7Y0


('A`)「なあブーン、さっきから何なんだよ。死神とか何とか訳分からん」

( ^ω^)「…ヒッキーお前、自覚無しかお」

('A`)「ああ無視ですかそうですか」

(;-_-)「自覚…って、何の自覚?」

( ^ω^)「まあ自覚があっても無くてもいいんだけど」


すると、ブーンはとんでもないことを言い放った。











( ^ω^)「だってお前もグリムだし」





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:09:09.27 ID:zVs9aL7Y0



(-_-)「………は?」





僕が、こいつと同じ?

僕が、死神?





('A`)「ヒッキーがグリムって…。冗談もほどほどにしろよ」

( ^ω^)「殺しに冗談もクソもあるかお」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:11:44.51 ID:zVs9aL7Y0



このブーンという奴と、同じ、グリム?




(-_-)「…グリムって、グリム童話のグリムのことだよね?」

( ^ω^)「さっき死神って言ったばっかりだお。現実から目ぇ逸らしてんじゃねぇお」

('A`)「口悪くなってるなお前」




現実って、まさか、そんなはずはない。




(-_-)「ああそっか、まだ夢なのか……」

('A`)「ヒッキーがグリムだって証拠あんのかよ。それにヒッキーはどう見ても人間だろ」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:13:56.28 ID:zVs9aL7Y0



( ^ω^)「証拠?」


( ^ω^)「証拠なら、本人が一番知ってるはずだお」


( ^ω^)「僕は同種だから分かるお」


( ^ω^)「でも一番知っているのは自分のはずだお。
      異常なほどに周りの人が死んでいったはずだお」


( ^ω^)「僕にも把握しきれてないけど、グリムにはそれぞれ個人の特性があるんですお」





〝―この、殺人者め〟

ふと、そんな言葉を思い出した。




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:14:00.41 ID:GD5gXDm00
・・・しえんだ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:15:35.60 ID:zVs9aL7Y0


( ^ω^)「だから僕は、ヒッキーを殺さなきゃならないお」

('A`)「仮にヒッキーがグリムだとしても、何でわざわざ殺さなきゃならないんだ?」

( ^ω^)「言うのめんどい」

(;'A`)「自分で言ったくせに…」


この少ない会話の中で、昔の思い出がフラッシュバックしてしまった。
思い出せない過去が、一気に頭の中に流れ込んでくる。


(;-_-)「うう…」


ヒッキーは頭を抱えてしゃがみ込み、冷や汗をだらだらと流しながら、呻く。

自分の知っている人たちだけが、意味も無く死んでいった。
いじめられていた奴が死んだときは、嬉しい気持ちもあった。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:17:44.72 ID:zVs9aL7Y0


けれど、それ以上に罪悪感が残ったままで、周りの人が死んでいく度
ずっと「自分のせいではない」と暗示をかけながら、ここまで生き延びてきた。

本当に殺していないのに、もし本当に自分が死神だとしたら、
それはすべて自分のせいになってしまう。


(;-_-)「嫌だ……」


そんなこと、認めたくなんか無い。


('A`)「…ヒッキー?」

(;-_-)「全て、僕が殺したの?」

('A`)「おいヒッキー」


昔の記憶が蘇るごとに、言われたことを否定出来なくなっていく。
周りの人が次々と死んでいったのは、紛れも無い事実。



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:19:24.63 ID:zVs9aL7Y0


(;-_-)「僕が殺したの?僕が全部悪いの?僕が、生きているから?」

('A`)「ヒッキー、口車に乗せられちゃ駄目だ、逃げるぞ」


隙ありとばかりに、蹲っているヒッキーに鎌を振る。
ドクオがとっさにヒッキーを引っ張りあげ、何とか避けることができた。


( ^ω^)「口車なんかじゃないお。本当のことだお」


追い討ちをかけるように、振った鎌を素早く逆に向け、またヒッキーに振り下ろす。
ドクオは、鎌がヒッキーに当たらないよう、必死に引っ張った。


(;-_-)「僕は、やっぱりあの時自殺すべきだったの?僕は、ぼく、は…」

('A`)「ヒッキー!!」


ドクオの声はびっくりするほど大きくて、また体を竦める。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:21:21.78 ID:zVs9aL7Y0


(;-_-)「!!」

('A`)「とにかく逃げるぞ!」

(;-_-)「…うん」


ドクオはヒッキーを力一杯引っ張り上げて、無我夢中で走り出した。
必死だったから、後ろなんて見る暇なんて無かった。

ブーンはやはり追ってきているようで、鎌で風を切る音が聞こえる。


( ^ω^)「……」


無言で追って来る天使は、自分のことを死神だと名乗った。
そして、ヒッキーも死神だと言った。

どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか、ドクオにもヒッキーにも分からない。
それに、この状況をまだ良く理解していない二人がいた。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:23:19.94 ID:zVs9aL7Y0


('A`)「あいつ、仕事途中だって言ってたから、きっとどこかに仕事用の雲の船があるはずだ。
   それ探して、出来るだけこっから離れるぞ」

(-_-)「それってもう家に帰れなくなるってこと?」

('A`)「…そういうことになるかもしれないな。厄介なのに見つかった以上、
   ここら辺一帯に家があるってことはバレてるだろうし」

(-_-)「でも……」

(;'A`)「そんなこと心配してる場合じゃない。
   今ここで大災害があったと思え。そうじゃなきゃ殺されてお陀仏だぞ」


人の住まなくなった家は、すぐに腐ると言う。
もし本当に帰れなくなって、家を腐らせてしまったりしたら、かなり勿体無い。

本当にここから飛び出さなければいけないのだろうか。


(;-_-)「……」


息絶え絶えに走りながら、ブーンと一緒に来たはずの雲船を捜した。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:25:20.96 ID:zVs9aL7Y0





白いモヤも消え始めた頃。走り続けていた二人の前には、大きな鳥居。
夏祭りの時にお世話になった、あの神社にたどり着いた。

後ろを振り向いてみるが、ブーンの姿は無い。
どうやら何とか撒けたようだ。

こんな朝早くに人がいるはずもなく、辺りは静けさを保っていた。

ドクオはとっさに林の中を進んで行き、澄んだ川へと木々を抜ける。
その後ろを、ヒッキーが息を切らしながらついていく。


('A`)「お、早くも発見」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:27:13.02 ID:zVs9aL7Y0


ドクオが見つけたものは、ふわふわとした白い雲。ブーンの雲船だろう。
川原でふわふわと浮かび、ブーンの帰りを待っているようだった。

まさかとは思ったが、本当にここに雲船が置いてあったとは。


(-_-)「あれが雲船?」

('A`)「ああ」


急いで雲船に近付き、上に乗り込んだ。後からヒッキーも乗り込む。

すると、ブーンではない人物が乗り込んだことに驚いたのか、
雲船がぽつりと喋り始めた。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:29:25.24 ID:zVs9aL7Y0


lw´‐ _‐ノv「たわしです」

(;-_-)「うわっ、何か喋った」


雲が喋った。けれど、それでもヒッキーはあまり驚けなかった。
それよりもっと怖いことを言われたばかりなのだから。

その第一声を聞いたドクオは、その雲の喋り方に聞き覚えがあった。


('A`)「…シュー雲船だったのかこれ」

(-_-)「……シュー雲船?雲船にも色々あるの?」

('A`)「ああ、他にも色んなタイプの雲船があるんだ。
   けどこれは……面倒くさいのに当たったなあ」

lw´‐ _‐ノv「面倒臭いというのはだな、たいそう面倒、いかにも面倒、
      わずらわしい、という時に使うものだ。
      その言葉は私に相応しくないから撤回してもらおう」

('A`)「……な?面倒くさいだろ?」

(;-_-)「…表現し難いです」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:31:30.28 ID:zVs9aL7Y0


ドクオはブーンに追われていることを思い出し、シュー雲船に事情を話す。


('A`)「実は、ブーンに追われてるんだ。急いでどこか遠くへ出てくれないか?」

lw´‐ _‐ノv「ほう…。もう片方の翼も引きちぎるなら考えてもいいぞ」

(;'A`)「ごめんなさい、謝るよ謝るから。ごめん、ごめんなさい。
   頼むからお願いを聞いてくださいこの世で一番美しいシュール様」

lw´‐ _‐ノv「そう言われて悪い気はしないのが私だ」


ヒッキーとドクオは若干呆れつつ、シュー雲船に頼み込んだ。

初めの内はシュー雲船も気が進まないようだったが、
詳しい事情を話して行くと、シュー雲船は快く引き受けてくれた。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:33:56.13 ID:zVs9aL7Y0


lw´‐ _‐ノv「実は私は音速で走ることが出来る」

('A`)「嘘はやめような」

lw´‐ _‐ノv「その勢いで飛ぶということだ。さあ、飛ばすぞ」


すると、どんどん地面から離れて行き、雲船は木よりも高くなり始めた。
みるみるうちに目が眩むような高さになっていく。


lw´‐ _‐ノv「どっこいしょ。ふう、最近腰痛なんだ」

('A`)「どこに腰があるんだよ…」


二人を乗せた船は、ものすごい速さで神社から離れて行った。
そのあまりの速さに、二人は小さな呻き声をあげてしまう。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:35:41.28 ID:zVs9aL7Y0


lw´‐ _‐ノv「へいお客さん、どちらまで?」

(;'A`)「とりあえず、出来るだけ離れたところへ行ってくれ。
   というかお前走るの速すぎだってぐぬおおおおおおおお」


風が痛いほど顔に当たり、息が出来なくなる。


(;-_-)「あれ、何かお星様が見える…」

(;'A`)「ヒッキーの顔がビックリするほど真っ青!」

lw´‐ _‐ノv「じゃあシベリアへ行こうか」

(;'A`)「何で!?ねえ何でなんだよお前嫌がらせだろうわあああぁあぁぁぁ」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:37:40.34 ID:zVs9aL7Y0


シュールのペースに乗せられつつも、ブーンが追って来ていないのが、唯一の幸いだろう。
それにしてもシュールは、楽しんでいるのか本気なのか、よく分からない。


(-_-)「…ねえドクオ」

('A`)「何だ?」

(-_-)「僕は本当に死神なのかな…。僕のせいで、人が死んだのかな…」

('A`)「俺にも分からん。けど、そういうのは気にしない者勝ちだろ?」

(-_-)「……うん…」


ヒッキーは、ブーンに言われたことが気になって気になって仕方なかった。
もし本当に死神なら…と、底知れぬ恐怖が襲い掛かる。



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:40:11.95 ID:zVs9aL7Y0



赤い屋根の一軒家の住人は、雲に乗せられ流れてく。



ここは、VIP国。生まれ育った国。

僕の家のある地域は、変態と名高い日本。



実感なんて、無い。










つづく

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:40:55.64 ID:zVs9aL7Y0
三話目投下完了しました。

支援してくださった方、感想くださった方、まとめてくださった方々に心からの感謝を。
それではまたいつか。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:43:46.50 ID:l9yd+30M0

楽しみにしてる

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 01:17:08.05 ID:fd0SelKZQ
おもしろし

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 02:10:56.68 ID:DWevapl10
乙ぅ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中編長編まとめ

Author:中編長編まとめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。